せどり内職家内労働とは?

あなたは「せどり」という言葉を聞いた事があるでしょうか?

最近ではひそかにブーム?!になっておりますので既に御存知の方もいるかもしれないですし、既にせどりに取り組んでおられる方もいるかもしれないです。

では、そもそも「せどり」とはなんでしょうか?

世間一般的にいわれているせどりとは、ブックオフなどの古本屋から安く古本やビデオ、CD、DVDなどを買って(仕入れて)、これをインターネット上で高く売ってお小遣いを稼ぐビジネスの事です。

インターネット上で転売する手段は、YAHOOオークション、アマゾンマーケットプレイスなどです。

ほかにも楽天フリマやビッターズなどのオークションでも売る事が出来ますが、最も利用者が多いのはやはりヤフーとアマゾンです。

ちなみに、「広辞苑」で書いてあるせどりとは・・
↓↓
「せどり」とは同業者の中間に立ち、注文品などを尋ね出し、売買の取次をして口銭を取る こと。また、その人
(岩波書店『広辞苑』)。

ちなみに「せどり」は「背取り」と読み、「背」は本の背表紙のことをさしております。

「高く売れる本を背表紙で見極めて取る」から「せどり」と呼ばれているのかどうかは定かではありませんが・・
まぁ、難しい事はさておき、簡単に説明すると、「せどり」は一言で言ってしまえば「転売で稼ぐ事」です。

古本やCD,DVDなどを転売で稼いでお金儲けをする「せどり」は、私は内職家内労働的な仕事だと思います。

自宅で仕事が出来て、本などを仕入れをするのも手作業、本を出品するのも手作業、売れた本を梱包発送する過程なんて正に家内労働的な手作業内職といっても過言ではありません。
しかし、「せどり内職」と世間で一般的な「シール貼り」とか「袋詰め」の内職と違う点はズバリ言って「収入です!」

今では「昔ながらの内職」といわれている「シール貼り」「袋詰め」「電子部品の組み立て」などの家内労働的な内職などよりも「せどり内職」はるかにお金が稼げるのです。

普通の手作業内職は、いくら頑張っても1ヵ月3〜5万円位がやっとだと聞いた事があります。
かなりベテランの人でもたまに10万円行くか行かないかといったレベルです。

しかし、せどり内職は1ヶ月3〜5万円稼ぐのは楽勝です。いや、、むしろ3〜5万円程度だと、「えっ!これっポッチしか稼げないの〜!!」と笑われてしまう位
なのです。

稼いでいる人は、月に20万〜30万円なんて珍しくありません。
しかも、本業のサラリーマン仕事の片手間の副業として、又は主婦がお小遣い稼ぎの手段としてです!

次世代せどりツール&マニュアル・せどり風神『虎の巻』withせどり風神「プロ版」15日利用権
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。